読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニックネーム募集中のブログだよ〜

考えたこととかいろいろ。

やる気のあるうちに習慣化させよう

毎年1月は今年の目標を考えてこうしようと考える人が多いと思います。

だいたい年始に立てた目標ってモチベーションが続かずに何をやらずに終わってしまうことが多いと思うのですが、最近少しずつ立てた目標をこなせるようになりました。

その分岐点になるのが「やる気のあるうちに習慣化」できるかどうかだと最近思ったのでまとめました。

 

そもそも習慣になっているとはどういう状態か

これは特に意識しなくても行える状態のことです。

寝る前に歯を磨こうとかお風呂に入るとか、意識しなくても自然と1日の中に組み込まれている状態であれば習慣化されていると言えると思います。

例えば毎日オンラインの英会話することが習慣化されている状態で、夜になってもまだやっていなかったら、やばい早くやっちゃわないとと思える状態です。

習慣化させる大切さ

これは人間が使えるエネルギーってある程度決まっているから習慣化をさせる必要があるのではないかと思っています。

あれもやらなきゃこれもやらなきゃという状態はかなり大変ですよね。

人にもよりますがそのキャパは必ず決まっていると思うので、他にやることがたくさんあっても行えるようになるには、それに対してエネルギーを使わないで行えるようにするしかないと思います。

 

最初にあげたように1月の間に習慣化させてしまえば、あとはその目標に対してのモチベーションが下がったとしても、自然とこなせるようになると思います。

 

頑張りたくない人ほど習慣化させてしまおう

習慣化させてしまうと、周りから見ると毎日やっていて頑張っているなと思われますが、実際には習慣だから何を考えずにやっているだけで頑張る必要がなくなります。

習慣化させるまでは頑張る必要がありますが、途中で挫折してまた新しいことを初めてを繰り返すよりも習慣化させてしまった方が楽ですよね。

1年間も頑張りたくないから、一番やる気のある最初の1か月だけ頑張る。

これを意識して楽に成長できる1年を過ごすことができたら良いですね。

 

振り返りを行う

振り返りも大切です。何か達成したい目的があるからその習慣(オンライン英会話)を行っているのだと思います。

そのため習慣化はできてもそれで目的が達成されるのかを考える必要はあります。

そうすると今の習慣をもう少し変えた方が良かったり、実は全く意味のないことをやっていたなんてこともあるかもしれません。

 

また振り返りを行うことで、自分がどのように習慣化させたのかを理解しておくと、次に新しい習慣をつくりたいときにも応用できると思います。